『微かなひかりに満ちている』公演後のごあいさつ

  • 2019.12.04 Wednesday
  • 13:48

あ。

あの。

どうも、杉原です。

覚えてますか?

ムードメイク、改め、ムードクラッシュ担当の杉原です。

あ、はい。

おまえムード壊してばっか、という理由でムードメイク担当を解任されました。

 

最終回とか言っておきながらまた書いております。

16回目。

稽古はとっくに終わりましたけども、公演終わったし、書いておかないとアレかなと思いまして、一応。

 

 

 

そんなわけで。

全9ステージ、無事終了いたしました。

年末のお忙しいなか、また時には足元の悪いなか、ご来場いただきました皆様、本当にありがとうございました!

何かしら感じていただけたら嬉しく思います。

本当にありがとうございました!

 

キャスト集合写真

 

公演。

いかがだったでしょうか。

強烈な睡魔との戦い、お疲れさまでした。

咳ひとつ、身動きひとつするのにも緊張する芝居、お疲れ様でした。

 

客席の音もそうですが、実は楽屋の音もけっこう客席に届くので、出てない役者たちも実は楽屋でそーっと動いてるんです。

杉原、もうお年寄りですから。

ちょっとした乾燥でもすぐにのどがイガイガしてしまうので、と言って舞台上で咳払いもできないですし。

楽屋でも咳払いすらできないので、本番中に楽屋を出てロビーを抜けて、外まで出てゲホゲホしておりました。

毎公演、定期的に外に出てきて咳払いだけして戻っていく杉原を、劇場スタッフは不思議に見ていたことでしょう。

 

そんな感じで。

とにかく音には敏感な公演でした。

なんか。

お客様にまで気を遣わせちゃいまして、すみませんね。

 

 

 

あと、そうそう。

余談ではあるんですが。

 

毎年、公演にヨシダ氏のお母さまがご来場されてるんですが。

年に一度しか会わなのに、すっかり杉原のことも覚えていただいてまして。

今回の公演でもご挨拶させていただいてお話したわけですけども。

どうもこの稽古場ブログを、なにげに一番読んでくれているのはヨシダ氏のお母さまなのではないかと、そんなことが発覚しまして。

書いてる内容、大丈夫だったかしらとちょっとドキドキしております。

 

 

あと。

お客さまのひとりで、本当に毎回アンチカメを応援してくださっている方がいまして。

稽古の段階から差し入れを持ってきてくださったり、劇場に入ってからも3回来ていただいたり。

あと、裏番組で別の舞台の本番中の役者が、自分の公演を抜けて応援しに来てくださったり。

 

本当に。

こんなドSなお芝居なのにたくさんの方々に支えていただきました。

たくさんの方々に支えられて、みんなで協力してひとつの舞台が出来上がりましたことを、心から感謝しております。

本当にありがとうございました。

 

 

 

まあ、ともかく。

そんなわけで。

Antikame?公演

『微かなひかりに満ちている』

 

無事に公演終了いたしました。

来年のことは、まあ、決まっているのかいないのか、そもそも杉原が関わるかどうかすらよく分からないので、ここでは控えますが。

とにもかくにも、無事に終わりました!

 

まずはお客さまに。

そしてスタッフの皆さまに。

そして共演者の皆さまに。

本当に本当にありがとうございました!!

 

またいずれどこかで〜♪

 

スタッフ集合写真

『微かなひかりに満ちている』 稽古場ブログ〜最終回〜

  • 2019.11.26 Tuesday
  • 08:03

あ。

どうも。

杉原です。

稽古場ブログ、15回目。

そして堂々の最終回!

ついについに本番です。

 

稽古場での最後の稽古が終わりました。

いろいろ写真は撮っているんですが、ネタバレになりますしね。

ナイショにしちゃいます。

劇場でご確認ください。

 

そしてそして。

最終稽古が終わったあとは。

流れるように。

吸い込まれるように。

稽古場打ち上げー!!

いぇいいぇーい!

 

稽古打ち

キャスト&スタッフ一同

 

 

 

さてさて。

本日より劇場入り。

あとは諸々の準備をしてお客様を迎えるのみになりました!

 

とっても素敵な作品になりそうです。

いままで稽古場で作ってきたものに、照明や音響が加わって。

さらに素敵な作品になるかと思います。

一人でも多くのお客様に観ていただきたいです。

 

どうかどうか。

皆さまと劇場でお会いできますよう。

キャスト、スタッフ一同、心よりお待ちしております。

 

↓ ↓ ↓

 

Antikame?

『微かなひかりに満ちている』

 

この街に耳を傾ける

低い音色を奏でているように聴こえた

暮色の空は暗い色ににじんで見えた

姿は時間に蝕まれて 声はこの街に濁されて消えて

じぶんをかたちづくった多くは消えて

不可避なこの流れは 黒味のエンドクレジットへ 

ただ向かっていく

耳をとざさない 目をとじない

まえを見て とおくを見る

否応なしに息だけをしている音があった

鎮静された音と光に包まれて

現実と心の彼岸をつなぐ静かな交感たちがヒトの再生の湿度に触れてゆく————

 

<作/演出>

 吉田康一

 

<出演>

   日野あかり

   大塚由祈子(アマヤドリ)

   こいけ

   青澤佑樹

   近藤由香梨

   大木あゆみ

   杉原敏行

 

<会場>ポケットスクエア/ 劇場MOMO

   東京都中野区中野3-22-8

   JR 中央線・総武線・東京メトロ東西線「中野」駅 南口より 徒歩7分

 

<料金>

 前売 :3500 

 当日: 4000 

 大学生:3300(要証明)

 高校生:1300(受付にて学生証提示)

 

 セット割引(ご予約受付のみ)

 ペア割引:3300円(お一人様の料金)

 3名様以上: 3000円(お一人様の料金) 

 初回割 :¥3,300(★11/28()14:00 の回)

 フライデーナイト:3,000(★11/29()19:00の回)

 サンデーナイト:3,300(★12/1()18:00の回)

 (ご予約受付のみ/セット割引対象外)

 (日時指定・全席自由)

 

<タイムテーブル>

1128() 14:00 / 19:00

1129() 14:00 / 19:00

1130() 14:00 / 19:00

12 1() 13:00 / 18:00

12 2() 13:00

※受付開始は、開演の45分前。開場は、開演の30分前です。

 

<上演時間>

約120分

(途中休憩はありません)

 

<スタッフ>

作曲・サウンドデザイン・音響:山口 紘

照明:渡辺隆行

ドラマターグ・舞台監督:丸尾 聡

演出助手:吉田雅人

宣伝美術:吉田康一 田中寛人

宣伝映像:米田浩章

宣伝文筆:真柄茂和 杉原敏行 

ムードメイク:杉原敏行

記録映像・記録写真:米田浩章  

当日運営:奥田英子

制作:藤麻里

協力:アマヤドリ / グッドラックカンパニー /演劇ユニットG.com / 演劇設計局コミュニケ / 演劇ネットワーク@丸尾 / 劇団きのこ牛乳 / speech / 青春事情 / ユニークポイント / 西 有志郎 / 川口 龍 / 俊 えり / 松本 悠  

企画・製作:Antikame? 

 

チラシ表

 

チラシ裏

 

全員そろった

 

キャストインタビュー(7)〜杉原敏行さん(後編)〜

  • 2019.11.25 Monday
  • 23:55

キャストインタビュー、

杉原敏行さんの後編です。

 

前編はこちら

 

 

メンタル弱いけど愛してます

 

 

――     今の時点で不安とか不満とかあります?

杉原    そりゃあるでしょ!(笑)10月の顔合わせで台本が8割出来てる予定で、

それまでにワークショップやったり準備してここまでやってって

スケジュールを立てたのに、結局顔合わせで数ページだからね(笑)

そりゃ怒りますよ(笑)まぁ本人もわかってると思うから、

散々稽古場ブログでも書いてるし、例年に比べれると、

だいぶ進行度は早いので、そこら辺はいいけど、

お前なーっていうのはちょっと思う。それぐらいかな。

やっぱりあとスタッフの皆さんが前に関わった時よりも

しっかりしてて、雅人くん(演助・吉田雅人さん)がいてくれるのも力になるし、

麻里ちゃん(制作・藤崎さん)もしっかりと役割を把握して

動いてくれてるので、スタッフ陣がしっかり固まってる感があって

そこら辺の信頼感は凄くありがたい。

――    今回のタイトル『微かなひかりに満ちている』にちなんで

      そういう経験があるか。具体的には、人生でそういう風景・光景を

      目の当たりにしたことがある。

      抽象的には、落ち込んでいるときに誰かに助けられたような。

杉原    そういうのはある。具体的な光景より、抽象的な方が。

      俺、結構メンタル弱いから、そういう時にかけられる言葉でも

      俺、あなたのこと好き、って思っちゃう(笑)

      さっきのゆっこちゃんとか雅人くんとかもいいこと言ってくれて

      そういうのに助けられるなって。

――    今回お客様に向けてどういうところを見てほしいか。見せたいか。

杉原    2年ぶりの舞台なので、杉原の全てを見てほしいです(笑)

――    今の時点で吉田さんに何か伝えたいこと、メッセージがあれば。

杉原    もうちょっとモテたい(笑)結構モテさしてくれるけど。

      あととりあえず早く書けだよね(笑)

――    最後に意気込みを。

杉原    とっても皆さんのことを大切に思ってます。

      お客様も、スタッフの皆さん、役者の皆さんも大切に思ってます。

      それだけです。

――    わかりました。ありがとうございました!

杉原    ありがとうございました!

 

(取材:10月下旬某日<一部11月初旬>聞き手:真柄)

 

これにてキャストインタビューは終了となります。

長々とお付き合いいただきましてありがとうございました。

 

明日から始まるAntikame?『微かなひかりに満ちている』

どうぞよろしくお願いいたします!

 

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

Twitter

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM